フツメン 基準

「PR」

フツメン 基準

一般的な顔面偏差値40~60ぐらいの男性を指す「フツメン」という言葉。

彼らの特徴としては、一回会っただけでは覚えられない普通の顔や目立つウィークポイントのなさ、中肉中背の体型、清潔感も不潔感も感じさせない外見、髪型やファッションで誤魔化していること、普通の性格、突出した才能や能力のなさなどが挙げられます。

一方で、フツメンは意外とモテるとも言われています。

なぜならば、彼らとの恋愛や交際には以下のようなメリットがあるからです。

まず、浮気の心配が少ないという点。

フツメンは外見や魅力でモテるわけではありませんので、パートナーが他の異性に注意を向ける可能性も低いのです。

また、自分好みのイケメンに育てられるという点もあります。

フツメンは普通の外見ながらも性格や魅力に注目されることが多く、パートナーとして信頼し育てることができるということです。

次に、自然体で付き合うことができるという点も魅力的です。

フツメンは見た目や才能でなく、内面の魅力や相手の言動に惹かれることが多いため、自分自身を自然体で表現できる相手との関係が築きやすいのです。

さらに、大切にしてくれるという点もあります。

イケメンだけでなく、フツメンもパートナーとの関係を大切にする姿勢を持つことが多いため、相手を大切にすることができるのです。

最後に、フツメンとの関係はどんどん相手を好きになれるという点も魅力的です。

外見や個性の一切ない普通の男性との関係では、自然と相手に心を開き、一緒にいることが楽しいと感じることが多いのです。

以上が、「フツメン 基準」という言葉の意味や特徴、そして彼らがモテる理由についての情報です。

フツメンに対して今まであまり注目されなかったかもしれませんが、彼らには魅力や価値があることを改めて知ることができましたね。

フツメンとイケメンの違いは何ですか?

フツメンとは、普通の顔を持つ男性を指す言葉であり、イケメンとは、魅力的な顔立ちやスタイルを持つ男性を指す言葉です。

フツメンとイケメンの違いは、顔立ちや雰囲気に現れています。

フツメンは一度会っただけではあまり印象に残らず、目立った特徴やインパクトがない顔をしています。

一方、イケメンは目を惹く顔立ちや特徴的なパーツを持ち、見る者を引きつける力があります。

また、フツメンとイケメンの見慣れる感じも異なります。

フツメンは何度見ても飽きることがない顔をしている一方、イケメンは見慣れると物足りなさを感じることがあります。

さらに、日本人の一般的な顔の特徴も違います。

フツメンは、醤油顔や塩顔といった日本人らしい顔立ちをしていますが、イケメンは日本人離れした濃いソース顔を持つことが多いです。

性格やファッション、モテる度合いにも違いがあります。

フツメンは性格が普通で癖がなく、安定感があります。

ファッションやヘアスタイルも普通で目立つことはありません。

一方、イケメンは性格やファッションに個性があり、自己主張が強いことが多いです。

モテる面でも、フツメンは女性に受け入れられやすく、自然体で付き合える面がありますが、イケメンは女性からの注目が高く、軽い印象を与えることもあります。

友達付き合いや恋愛の相手についても、フツメンとイケメンでは異なる傾向が見られます。

フツメンはフツメンの友達と付き合うことが多い一方、イケメンはイケメンの友達と付き合うことが多いです。

最後に、フツメンとイケメンのモテる度合いについても触れておきましょう。

フツメンは特に魅力を持っているわけではありませんが、その平凡な顔立ちが好印象となり、内面や好みに合わせて育てられることがあります。

また、フツメンは浮気の心配が少ないというメリットもあります。

一方、イケメンはその容姿がもたらす魅力によってモテることが多いですが、軽い言動をすることもあるため、相手を選ぶ必要があります。

以上が、フツメンとイケメンの違いについての説明です。

どうやって顔面偏差値を測るのですか?

顔面偏差値を測る方法はいくつかあります。

まず、写真をアップロードしてAIによる診断を受ける方法があります。

インターネット上には、写真に写っている顔の顔面偏差値を測定してくれるサイトやアプリがあります。

これらのサイトやアプリでは、AIが顔のパーツやバランスを分析し、顔面偏差値を算出してくれます。

ただし、この方法は参考程度であり、正確性や信頼性には限界があります。

また、写真の角度や光の加減などで結果が変わる可能性もあります。

また、芸能事務所のオーディションに参加することで顔面偏差値を測る方法もあります。

芸能事務所のオーディションでは、美男美女を審査する審査員によって顔面偏差値が試されます。

この方法では、自分の顔面偏差値を客観的に知ることができるかもしれません。

ただし、芸能界の基準と一般人の基準は必ずしも一致しないことに注意が必要です。

また、オーディションには条件や手続きが必要です。

最後に、自分で計算する方法もあります。

顔面偏差値を自分で計算する場合、自分の顔のパーツごとに点数をつけ、その点数に重み付けをして合計します。

目・眉・鼻・口・輪郭・肌・髪などのパーツごとに点数をつけ、それぞれの点数に重み付けを行います。

最後に、各パーツの点数と重み付けを掛け合わせて合計し、その合計が自分の顔面偏差値となります。

ただし、この方法も主観的な判断になるため、他人との比較には注意が必要です。

また、顔のパーツだけでなく、全体のバランスや印象も重要な要素です。

以上が、顔面偏差値を測る方法のいくつかです。

参考にしてみてください。

顔面偏差値とは何ですか?

顔面偏差値とは、顔の美しさを数値化した基準です。

この数値は、平均値が50で、50を超えると美人やイケメン、50を下回るとブスと言われます。

顔面偏差値は、AI技術を用いたツールによって診断することができます。

この診断は、顔の各パーツのバランスに基づいて行われます。

顔のパーツのバランスを測るために使用されるのは、黄金比率と呼ばれる比率です。

縦の黄金比率は、「髪の生え際から眉頭:眉頭から鼻の先:鼻の先から顎=1:1:1」という比率です。

また、「鼻下から唇中央:唇中央から顎=1:2」という比率もあります。

横の黄金比率は、「左こめかみから目尻:左目全体の横幅:左右の目頭から目頭の幅:右目全体の横幅:右こめかみから目尻=1:1:1:1:1」という比率です。

そして、顔全体の黄金比率は、「顔の横幅:顔の縦幅=1:1.46」という比率です。

ただし、顔面偏差値は個人の主観によるものであり、美しさや魅力を決める唯一の指標ではありません。

また、メイクや髪型などの要素によっても変化することがあります。

以上が、顔面偏差値についての説明です。

顔の美しさを客観的に評価する手段として利用されていますが、必ずしも信じるべき指標ではありません。

個人のセルフイメージや自己肯定感に影響を与えないように、顔面偏差値はあくまで参考程度に捉えるべきです。

 

フツメン 基準まとめ

フツメンとは、イケメンでもブサメンでもない普通の顔の男性を指す言葉です。

顔面偏差値が50とされ、100がイケメン、0がブサメンとされます。

フツメンの特徴は、一度会っただけでは印象に残りづらい顔、目立つウィークポイントがないこと、体型は中肉中背、清潔感も不潔感もないこと、髪型やファッションで誤魔化していること、性格も普通で突出した才能や能力がないことです。

フツメンは、そのちょうどいい雰囲気が女性に好まれることもあると言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました